香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

歳時記

平成19年 アーカイブ

平成19年1月1日号

冬枯れの 梢の先を チュンチュンと 渡り歩いて 福来たるかな

2007-01-01.jpg我が家の美人、ビアンカです。なんと写真写りのいいワンこでしょう。猪の頭巾はあまり好きではないようですが我慢、我慢の良い子です。
今回で20回目を迎える吉峰病院映画楽会は「佐賀のがばいばあちゃん」を上映する予定です。
百八十万部を突破した島田洋七の自伝小説を映画化したもので「がばい」とは佐賀弁で「すごい」という意味です。
日本にこんなにすごいばあちゃんがいたなんて。
吉行和子が好演したこの気丈なばあちゃんが気弱な少年に教えたのは本当の人生の暖かさ、極め付きの貧乏にあってもどんなに厳しい局面でも持ち前の人生哲学で明るく切り抜ける闊達さでした。
「この世の中、拾うもんはあっても、捨てるもんはなかとばい」人の目を気にせず自然に生きるばあちゃんに故郷の祖母の面影を重ねる方もいらっしゃるのでは・・。

平成19年2月1日号

鬼ばかり 世間の風が 冷たくて やるせない夜 サックス吹こう

2007-02-01.jpg何年か前に一大決心をして何か音楽をマスターしようと買ったサックス。今では部屋の片隅に鎮座するばかり。
それでもたまに吹いてみますが悲しいかな唇がいうことをききません。
何事もたゆまぬ努力が大事ということですね。
僕の好きな青春映画に「フェイム」というニューヨークにある芸能専門学校で学ぶ若者たちを描いた作品があります。
歌手志望のココ、音楽の天才ブルーノ、友達の試験についてきたのに何故か受かってしまったリロイ。
それぞれが様々な経験をして卒業を迎えるまでのストーリーなのですが卒業式の後、食堂や路上で繰り広げられる歌とダンスの圧倒的なパワーが見る人の心を奪います。
特にココを演じたアイリーン・キャラの歌はアカデミー賞主題歌賞を受賞しました。

平成19年3月1日号

あったかい 甘さを増した 春の宵 庭にたたずみ 風の音聞こう

2007-03-01.jpg第5回を迎えた引田のひな祭りに今年も行ってきました。各戸が思い思いに趣向を凝らして飾る雛も見事でしたが、狭い路地のあちこちに休憩所が設けられ、その思いやりのおもてなしが何よりうれしかったです。
上映中の「守護神」は見る人を感動させます。
命の重さは地球より思いという言葉がありますが人は危機に陥った時にその真価が問われると見に沁みて思いました。ハリケーンが発生、漁船や海軍が急いで帰港する時、アメリカ沿岸警備隊は出動します。凍てつく氷海に、嵐の海に、そこに助ける命がある限り、彼らにノーの言葉はありません。
レスキュー・スイマーは海難救助のプロ、その過酷な訓練は1%未満の合格率からも想像できます。
涙と勇気と愛が見たいなら是非映画館に足を運んでください。

  • 1
  •  
  • 2
  •  
  • 3
  •  
  • 4