香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第94号

難敵ストレス!!

現代はストレス社会といわれていますが、それでは"ストレス"とは何なのででしょうか。
ストレス(stress);種々の外部刺激が負担として働くとき、心身に生ずる機能変化。ストレスの原因となる要素(ストレッサー)は寒暑・騒音・化学物質など物理化学的なもの、飢餓・感染・過労・睡眠不足など生物学的なもの、精神緊張・不安・恐怖・興奮など社会的なものなど多様である。・・・となっています。(広辞苑による)
それではストレスは人間にとって害だけをたらすものなのでしょうか?
適度なストレスは健康な緊張をもたらし、人の能力を上昇させます。しかしある程度以上の強いストレスになると能力の伸びはなくなり、ついに病的状態になるのです。
たとえば学生にとって、試験はストレスそのものです。けれども試験がなければ勉強に今一つ身が入らないのが現実ではないでしょうか?
また定期試験のストレスはそれほどではないとしても、大学入試や就職試験など人生の分岐点と思われるような試験のストレスは大変なものです。これは社会人になっても同様で、職場における毎日の小さなストレスには耐えられても、仕事上で大きなミスなどのストレスは相当なものです。これが病気を引き起こすことがあるのです。言い換えれば、適度な緊張をもたらすストレスは私たちにとって必要なものといえますが、短期間に強いストレスや中等度でも慢性的なストレスは心身共に害をおよぼすことになるのです。

ストレスに強くなろう

さて、あなたは日常、どのような生活をおくっていましたか?。適度な緊張を持って生活をおくりたいものです。そのためにはストレスを少なくすればよいことになります。しかし現代は生きていくのにあまりにも多くの刺激や摩擦があります。むしろほとんどの人々は疲労や消耗の状態で日常生活をおくっているのが現実ではないでしょうか?ではどうしたらストレスを適度な緊張感としてとらえ、生活できるのようになるでしょう?。
現在の映画やドラマでも、怒りや興奮の後に主人公が心臓や脳の発作で倒れたり、長い間思い悩んだ末にガンで亡くなるなどの場面設定がよく見られますね。この方面でも近年、心理学や専門家によって綿密な調査や追跡研究が行われ、性格と病気の関係がより明らかにされてきています。
過労やストレス、タバコの吸い過ぎなどで胃が痛くなって病院を訪れる人がいます。この場合、検査で胃潰瘍が確認されると、抗潰瘍薬が投与されて胃潰瘍の治療が行われます。しかし本人が原因(誘因?)となったストレスを解消し、身体によくない生活習慣を変える努力をしなければ潰瘍が治りにくいばかりでなく、たとえ薬で一時的に良くなったように見えても、容易に再発しやすいのです。また、家族の病気やもめごとなどのために強い不安感や心配事があって不眠を訴えて受診される患者さんも見られます。このような方には取りあえず眠れるようにと睡眠薬が処方されること多いのです。しかし患者さんの不安や心配の原因が除去されず、いつまでも本人が悩んでいる間は、睡眠薬を中止すればまた眠れないという悪循環が続き、結局薬なしでは生活できない状況に陥ってしまうのです。
本来、病気は自分の努力や工夫によって予防したり治したりすることが基本で、医師が行っている検査や治療の効果は、あくまでもその上に成り立っているのです。そのためには日頃から健康な生活習慣を心掛け、さらに健康な精神状態を保つように努力することが大切なのです。
もし今あなたにストレスがあって、これらがあなたの病気を引き起こしたり、治るのを妨げていそうなら、その原因を自分でよく考えて解決するように努力しましょう。結果的にあなたが自分自身をコントロールできるようになれば、あなたの身体の中には種々の病気を予防したり、治す力が増大するのです。
現代社会での悩みは大人だけの物ではありません。今は物心のついたばかりの子供から受験戦争やいじめ、ゲームなどの物質欲を刺激される中で多くのストレスをかかえながら成長していかなければならない時代なのです。一見恵まれているように思われている日本に住む私達が本当に幸せかという疑問が沸いてきます。

悩みを解決するために!

物事がうまく運ばずに悩んでいる時に考えなければならないのは、自分の過度な期待やこだわりを棚に挙げて、原因を他人のせいにしたり、必要以上に自分を責めてしまうことです。
・あなたが変われば相手も変わる?
・負けるが勝ち!
・災い転じて福となす
・失敗は成功のもと!

自分を変える時のコツ!

まず現状をあるがままに受け入れて、あなたの考えや行動をよく見つめてみましょう。そうすればあなたの求めている満足感や幸福感妨げているものが何かが分かります。
・まず自分をよく見つめ直そう。
・笑う門には福来る。蒔かぬ種は生えぬ
・自立して生きよう!
・思い立ったが吉日

本当の幸せとは

人の一生は不思議なものです。皆、一人一人が自分の幸せを見つけるために必死に悩みながら生きています。ちょっとした幸せに喜び、不幸に涙して。
この世に生を受けたばかりの赤ん坊の時には打算も何もなかった純粋無垢な私達です。しかし、いつの頃からか他人より良い成績をとってよい学校に入ること、よい会社に就職し、裕福な暮らしをおくること、人に誇れるような名誉や地位をえることなど、人生の目的や価値観が形成されてきます。
そして実際に社会生活を送るようになると、皆が多くの悩みやストレスにもまれながら必死で生きるようになるのです。そしてその競争に勝ったものは勝者とたたえられ、波に乗りきれない者は落ちこぼれと言われるのです。しかしそのようにして歯をくいしばってえた仕事や地位、家や車、美味しいレストランでの食事や旅行、これらが私達に与えてくれたものは何なのでしょう?本当にそれが人生にとって究極の目的と価値だったのでしょうか?。このような価値観が身に付く前、まだ幼かったころ見た美しい夕焼けや星空、友達と暗くなるまで遊んだ広場、澄み切った小川で小魚をすくった夏の日、母がにぎってくれたおにぎり、たとえ裕福ではなくても毎日が楽しい日々でした。
そしてその頃を思い出すと、誰でも不思議に懐かしく幸せな気分になれるものです。あの頃の自分に変えることは不可能なのでしょうか?。

思い出の映画 ライフ・イズ・ビューティフル

カンヌ映画祭で審査員グランプリに輝いた、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演の感動作。ナチの強制収容所に収監されたある一家の物語を、ユーモラスかつ温かな視点で描く。"イタリアのチャップリン"と称される、ベニーニのユーモアと哀しみを交錯させた演出が秀逸。1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。彼の純粋さに惹かれた彼女は結婚を承諾。やがて可愛い息子も生まれ、3人は幸せな日々を送っていた。そんなある時、彼らに突然強制収容所への収監命令が下る。
反戦云々やリアリティ云々の事は、まあ、それはそれとして、
とにかく気持ち良く笑えて涙を流せて良い映画だと思います。
水っぽいだけで中身の無い癒し系映画とか、
取りあえずカッコ付けて心の闇を映しちゃった映画ばかりじゃなくって、
こういうカラッとした力強くて元気の出る悲しい映画(変な表現ですが)が
これからもっと出てきてくれると嬉しいなあ、とか。
因みに、僕はあのおっさん死んだのには賛成です。
彼が死なないとあれだけ泣けなかったと思うので。
泣ける映画=良い映画ってのは絶対間違いだとは思いますが、
とにかく気持ち良く泣けたので細かい事は気にせずサイコー、って事で良いのでは。
あなたが戦争反対をテーマにした映画をつくるとしたら、どんな映画を作りますか?
例えば、とにかく目を背けたくなるような陰惨な映像をつなぎ合わせて、見る側に反戦を訴えかけるモノ。
あるいは平凡な恋人同士が、出兵によって引き裂かれて、犠牲となる・・いつまでも悲嘆にくれる恋人の姿を描くモノ。
いろいろモチーフは考えられます。ですが、反戦映画である以上、主人公もしくは主人公にとって大切な人の死を描くことは避けられません。なぜなら、登場する人間は当事者でなければならず、私達に近い安穏な生活者が、突如として犠牲者になる過酷な現実を描いてこそ、見る側はそれに身につまされるからです。そこでこの映画の話に入る訳ですが、私はこの映画を見ながら、笑い、泣いた。反戦がどうした、、、愛がどうした、、、リアリティがない・・そんなこと、どうでもいい。私が泣き、笑ったことが大切であって、上手くだましてくれた制作者に拍手を送ります。
スターリンが放った暗殺者を座して待つトロツキーが、その恐怖の只中で、
「今でも自分は『人生は美しい』と思っている」と書き残した。(これが題名の由来?????)
幸福な映画。あえて記録的ではなくまさしく寓話に仕上げた超一級のエンタテイメント!!
全世界に贈る涙と笑い。感動と勇気と愛。ベニー二の信念の闘争。挑戦。
最高に素晴らしい作品。そして『人生は美しい』ということ。
この映画を見て感動した人の中で、あまりユダヤ人虐殺、ホロコーストや悲惨な歴史、そして現在。
知らない人はたくさん勉強してほしい。
そして考え、なにをすべきか、どう生きるか。
生と死、光と影、善と悪、愛と憎の狭間で、苦楽や悲しみ喜び、矛盾や混沌の中でどう生きるか。はたして生きてゆけるだろうか。
自分の無力さを感じ、虚無と絶望の中にいても・・・愛、自由、平和、普遍のテーマ。人間として『いま』できること。この感動を無駄にしてはならない。同じ過ちを繰り返してはならない。『いま』こそ『あなた』ができること。偽善にするな。小さくてもいい。いい加減でもいい。
慈愛と希望・・・・そして祈る。
本当の・・・真実の・・・
『ライフ・イズ・ビューティフル!!』