香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第79号

肩こりを直そう

医学の進歩は神の存在をも解明するかのような勢いで進んでいます。
新しい医学、治療として遺伝子治療も始まりました。クローン牛の表示をするように消費者から要請が出され、一般のビーフとは区別して売られています。
数多くの病気が完治するようになり、成人病とも上手に付き合っていけば昔のように不治の病と悩むこともなくなりなりました。
だからといって何一つ心配する必要がないとは言い切れない所がつらい所です。
何より大切な事は医者の言う事を軽視せずに、自分の体は自分で守るという姿勢が重要なポイントです。

さて、今回は最近若い人にも増えている肩こりについてお話しします。
肩こりは腰痛と同じように人類の宿命的な病気と言われています。
不思議なことに腰が痛いということはどなたでも一生のうちに一度か二度は経験するようですが、肩こりは一度もないという人もいます。
この違いはどうしてだろうかと考えていましたが、肩がこったという状態とそれで苦しいという状態とは別のもので、それにプラスアルファがあって肩こりという不快な症状がおこってくると考えられます。
人類が二本足歩行をするようになって、最も大きな影響があったのは頸部だといわれています。
頭は90度回旋し、脊椎の上に乗っかり、その重みを鶴の首のような、あるいはサクランボの柄のような細い首で受けています。
体重の8%もある腕をこの細い首から筋肉でぶらさけています。
頭には五官といわれる眼、耳、鼻、舌などがあり、たとえば音がすればそっちの方に耳を傾け、光がくればその方へ向き、匂いがするとそっちの方へというように絶えず首を動かしています。
又、いろいろな姿勢をする事により、いつも首でバランスをとるようにもなっています。だから頸部は一番早く擦り減ってくる所なのです。
その上、困ったことに首には4つの弱点があります。
人類特有のものでまだ進化の途中なのかもしれません。

第一の弱点は
脊椎と脊椎の間の神経が出るところが老人などの場合、狭くなり神経を刺激する可能性があります。

第二の弱点は
首から第一肋骨、鎖骨にある斜角筋の隙間です。ここで神経、血管を圧迫したりします。

第三の弱点は
肋骨と鎖骨の隙間です。ここも血管と神経が走っており、時に痛めたりします。

第四の弱点は
肩にある小胸筋の間を走っている神経です。手を上げて仕事をするペンキ屋さんとか左官屋さん等では時に神経を痛め付けたりします。

それでは一体肩こりとは何なのでしょう。
首から肩甲骨又は上腕に走っている筋肉が硬くなって痛くなり、しびれたり、冷たく感じたりする一種の筋肉の疲れた状態をいいます。

香川県ではよく「けんびき」といわれていますが、それも肩こりの一種です。
筋肉は筋膜という一種のタイヤのようなもので覆われて、内で循環障害がおこりむくんできたりしても外側の膜が強いためそれ以上膨らまず、内にある血管や神経を圧迫するようになります。
その原因には悪い姿勢を続けていたとか、運動不足であったとか、ストレスがたまったとか、冷やしてしまったとか、いろいろなことが原因になります。
たとえば長時間車を運転した、寝ながら本を読んだ、コンピューターに夢中になったりしたように、ある一定の姿勢で筋肉を動かさないで力をいれた時、又空中に手を上げていた、首を曲げていたとか、いつもクヨクヨ悩んでいるとか、いろいろな時におこります。

これは病気でない肩こりです。
内科的には内臓からくる肩こりもあります。
心臓の病気、胆石、肺の病気でもおこります。
糖尿病の人に動脈硬化がおこると肩こりがひどくなったり、高血圧の人でもコントロールがうまくおこなえていないとなることがあります。
ホルモンの異常でも肩こりがおこる事があります。

整形外科的には首の骨の異常が原因でおこります。
一番多いのは首にはあまり変化がないけれども、姿勢が悪かった為におこる肩こりもあります。首の骨にレントゲンでは分からないような微細な変化が起こっているのです。椎間板というクッションに均一な負担がかからずに一部に負担がかかり不安定な状態になっているためです。
首の運動をみるとおじぎをする時に5番と6番目の首に一番ストレスがかかります。天井を見ると4番目と5番目が一番刺激されます。
骨の変化がひどくなって骨に棘ができたり、神経の溝が狭くなったり、軟骨が突出したりすると神経自体を刺激するために肩こりよりも上肢に疼痛が出たり、しびれたり、また脊髄が刺激されると足が突っ張って歩きにくいとか、大小便が出にくくなります。この上に自律神経が刺激されると頭痛、めまい、眼の異常、耳なり、胸がしめつけられるなどの症状も合併することがあります。
どういう治療がよいのか?
一番よい治療はまず姿勢を正し、よく動き、よく休む、全身をうまく使うなどのことを工夫することです。
でもどうすればいいのか、どの姿勢が悪いのか、よく動くとはどう動くのか、休むとはなどと考えるとわからなくなります。

それで自分でできる体操を紹介します。
私達は普段より首を限られた範囲でしか動かさないので、これを良く動かす体操があります。
非常に有効で全部やる必要はありませんが、出来るだけ行えば肩こりとさよならできるでしょう。
肘を遠くへ伸ばす運動
お祈りの格好をする
おでこを押さえる
また、腰の悪いひとも肩こりがありますので腰痛体操も一緒にすると効果的です。
簡単にできる物理療法
お風呂に入るとか、ホットパック等にて温める。
肩にタオルを当て、その上から少し熱いシャワーをかけてホットパックのようにすることも効果があります。
よく行われるのはヘアドライヤーの熱風で後頸部をゆっくり温める方法です。
これは秘策ですが圧痛点を冷やす方法です。
押して痛い所は筋肉のモーターポイントと一致する事が多く、ツボといわれている所です。
そこに冷凍室の氷と少量の塩(ビニール袋などに入れる)を1分間押し付けます。そうすると前に述べましたが筋肉の腫脹が取れやすくなります。(アイスマッサージ)ずれると効果が半減しますので注意が必要です。
肩こりは病気のようで病気ではなく、半健康状態と考えて下さい。
しかし、骨の変化とか内臓の病気などが隠れていることがありますので、病院で一度検査をうける事が大切です。

ミレニアム・コンサートへのご招待

寒い日が続いておりインフルエンザも流行しています。
少しでも心が暖かくなればと思い、ミレニアム・コンサートを開催することになりました。
リトル・ドリーミングによるチャリティ・コンサートと当院、従業員による「寸劇」を上演する予定です。
月日 2月10日(木曜日)
時間 午後2時 開演
場所 当院 3階 食堂
まずは寄ってらっしゃい、見てらっしゃい!!!
芸達者な従業員たちでおりなす、涙と笑いの小劇場
お題は見てのお楽しみ。
どなたさんでも入場無料
とはいってもおひねりの一つや二つ!!!!!
さあさ、開幕まで後わずか
急いでこないと御席の確保はできないよ
さあー、始まり、始まりー