香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第231号

ロコモティブシンドロームのまとめ

動器とは文字通り、運動に関わる器官で、具体的には、骨、関節、筋肉、神経といった、人間のからだの動きを担当する組織・器官のことです。この運動器があるから、動物は植物と違って自分の意思で動いたり、移動できるのです。私たち動物にとって、情報の収集、判断、移動は当たり前のことで、普段はあまり意識しません。
しかし、いったんそれらの機能が失われてみると、それがいかに大切だったのかを実感します。
足や腰に障害が起きて、歩くなどの運動ができなくなっても、日常生活が困難になり、やはり介助や介護の必要性がでてきます。
人体の骨格は、200あまりの骨の連結、組み合わせによって構成されていて、この骨格があるからこそ、身体を支えたり、立ったり歩いたりなどの運動を行い、体内の臓器が保護されているのです。

骨の主な役割としては、5つ挙げることができます。
1.体を支える
2.内蔵を守る
3.運動をする
4.血液を作る
5.カルシウムやリンを蓄える

肩甲骨や骨盤は、扁平骨といって平らな形をしています。
手の甲や足の骨には、短骨という小さな骨がいくつかあり、細かい動きに対応します。
上肢や下肢の骨は長官骨という長い骨で、ひじや膝から先にはそれぞれ2本ずつあり、それらが平行になったり、X字状になったりして、ひねる動きに対応しています。長官骨の両端の表面は軟骨で覆われていますが、それ以外の部分は骨膜で覆われています。
骨膜では、新しい骨になる骨芽細胞と、古い骨を吸収する破骨細胞をつくります。
長官骨の内部は空洞で骨髄が入っていて、ここで血液をつくります。
骨は海綿骨といって、軽石のように穴のたくさんある、もろくて軽い骨と、そのまわりにある皮質骨という緻密で硬い骨が取り巻いてできています。
骨の端の部分を骨端といい、両骨端の間の部分を骨幹といいます。
骨端と骨幹の境を骨端線といいます。子供の骨は、両方の骨端に成長軟骨層がり、この軟骨が骨になることによって骨が長くなって成長していくのです。
だいたい日本の女子では15歳、男子では17歳ぐらいで骨の成長は終わりますが、このとき成長軟骨層がなくなり、これを「骨端線が閉じる」といいます。
背骨は、その骨の構造も関節の仕組みも、他の動く骨とは異なっています。背骨は脊柱ともいい、まさに体を支えている大黒柱です。
背骨は1本の骨ではなく、30数個の脊椎骨がつながってできています。個々の骨の臼のような形をした部分は椎体といいます。
椎体と椎体の間は、軟骨と繊維でできた椎間板でつながっていて、椎間板はショックを吸収するクッションの役目もしています。
椎体には、突起のついた複雑な形の椎弓がついています。
それぞれの椎弓は、上下の椎弓とうまく組み合わさって関節をつくっています。
ひとつひとつの椎骨は別々に動くことはできませんが、椎間板のクッションの働きと連結した関節としての働きで、前後左右に体を曲げることができます。体を自由に動かすことができるのは、骨と骨とが関節という部分で互いに連結しているからです。
身体は、骨、関節、そして筋肉の収縮の力があって、初めて動くことができます。
身体を動かす筋肉は骨格にそって分布するので骨格筋 といい、また横じまがあるので横紋筋ともいいます。
体重の約半分の重さを占めるといわれています。
筋肉は、タンパク質の細い繊維の束でできていて、神経の命令を受けて伸びたり縮んだりしているのです。筋肉は、関節をまたいで2つの骨に腱で固定されています。
筋肉の端はひものような筋になって骨に付着していて、子の部分は腱といって、たいへん丈夫にできています。
筋肉を訓練すると、筋繊維の数が多くなるということはありませんが、1本1本が太くなるので、全体の筋肉が太くなり、力も強くなります。
反対に筋肉を使わないでいると細くなり、力も衰えてしまいます。

骨粗鬆症は男性より女性に多い?

答えはYESです。
骨は常に増えたり減ったりしています。
それは、骨を作る細胞である骨芽細胞と骨を壊す細胞である破骨細胞がバランスをとっているため、骨は常に新しい状態でいられるのです。
破骨細胞は普段、女性ホルモンによって増加を抑えられています。
加齢などにより女性ホルモンが減少すると、破骨細胞が増加し、骨を作る骨芽細胞の働きを上回り、骨粗鬆症となってしまうのです。

歳を取ると背中が曲がってくるのは骨折が原因?

答えはYESです。
背中の椎骨の形が変形し、無理な圧がかかることにより、骨折してしまうのです。これを防ぐには、毎日10分~15分、トレッチを続けることで予防することができます。
メタボリックシンドロームも、ロコモティブシンドロームも、ある意味でいえば生活習慣病です。
日々の生活の仕方が大切だということです。
ちなみに、猫背は別です。
猫背は前かがみがくせになることによって筋肉が硬くなっているだけで、骨折しているわけではありません。
つまり、猫背は治すことが可能なのです。

カルシウムをたくさん摂れば軟骨も丈夫になる?

軟骨は結合組織、いわゆるコラーゲンの一種です。
同じように、靭帯や腱もコラーゲン(2型コラーゲン)です。
ただ、カルシウムを摂る事で、骨は丈夫になります。
といってもカルシウムだけを摂るだけではダメで、ビタミンD、ビタミンEを同時に摂り、さらに運動で骨に負荷をかけることが大事です。
これをメカニカルストレスといい、ウォーキングなどよりも、ジャンプをするなど瞬間的な負荷のほうがより効果的です。

老人の骨折の多くは決まった部位で起きる?

答えは○です。

骨折の大部分は以下の4つになります。
①手首の骨
②肩の骨
③股関節の骨
④ 背骨

筋肉には赤い筋肉、白い筋肉、ピンクの筋肉がある

答えはYES。
赤い筋肉を遅筋、白い筋肉を 速筋といいます。
ピンクの筋肉はその中間色です。
魚を見ると、たえず泳ぎ続けている、マグロやカツオは赤い実をしていますね。赤い筋肉は持久力に勝っています。
赤い筋肉は、鍛えることでより引き締まります。
マラソン選手は スマートですよね。
対して、川魚や浅瀬に生息しているヒラメ、カレイ、たいなどは白身魚です。白い筋肉は瞬発力があるということになります。
白い筋肉は鍛えると、大きくなります。
短距離走の選手などは筋肉隆々な人が多いのはそのためです。
ピンクの魚といえばサケが当てはまります。サーモンピンクといいますよね。サケは、海で も泳ぎますし、川を昇る瞬発力も必要なのでピンク色をしているのです。
人間の場合は、普通に生活していますと、ほとんどがピンク色となります。筋肉に赤みが強いか白みが強いかはタンパク質によるのです。
これはトレーニングで多少コントロールすることは可能ですが、白い筋肉を赤い筋肉に変えることは可能ですが、逆に赤い筋肉を白い筋肉に変えることは難しいのです。
つまり、マラソン選手には努力でなることができますが、スプリンター選手などは生まれつきの才能が
大きく左右するということなので

筋肉は体重の40~50%を占める?

答えはYESです。
もちろん人により差はあります。筋肉の中でも70%は下半身に集まっています。下半身は胸から下を言うので、腹筋も入ります。
ちなみに筋肉の種類には、心筋と平滑筋と骨格筋があります。
そして、心筋と平滑筋は自分の意思では動かせないので不随筋、骨格筋は自分の意思で動かせるので、随意筋といいます。
ちょっとした事でつまづいたりするのは年にせい
加齢による筋肉の減少も原因のひとつです。
廃用萎縮といって、身体は使わない組織を萎縮していきます。身体は使い続けなければ健康を保てないのです。

筋トレは脂肪を減らしてくれる?

筋肉が増えると、新陳代謝が増え、カロリーの消化量が上がります。

すると運動していなくても脂肪が減り、さらには太りにくい体質へと変わります。

筋トレで婦人病のリスクが減る?

答えはYES。
筋肉を作るのは男性ホルモンです。筋トレをすると女性でも男性ホルモンが分泌されます。さらに成長ホルモンも分泌されます。
これは脂肪分解のスイッチを入れてくれる働きをします。その結果、婦人病のリスクを抑えることができるのです。

運動すると血液がきれいになる?

運動をすると体温が上がります。
すると血流がよくなり、温まった血液が体の各組織を活性化し、老廃物を素早く体外へ排出することが可能になるのです。

まとめ
運動は定期的に続けることで、体力を増進し、多くの疾患に対して、予防的、治療的に働き、生活の質を向上させます!

第56回映画楽会
題目 空へ 救いの翼
10月25日(木曜日)
午後1時00分上映
3階食堂

航空自衛隊救難ヘリ部隊の活躍を描いた映画です。航空自衛隊の全面協力によって機体の登場するシーンはリアルで迫力のある映像になっています。
救難ヘリUH-60Jを筆頭に、U-125AにF-15J、おまけに海上自衛隊の護衛艦「はるさめ」までが友情出演(?)。ここらの映像を見るだけでも、この映画は観る価値があると思います。私、機械大好き人間が久々に"メカオタク・モード"でスクリーンに見入ってしまいました。
(いえいえ、そんなに詳しくもないんですけど...)。このリアルなメカ群に対して、それに乗り込む主人公・遥風役の高山侑子のお父さんが、実際に救難隊の隊員でしたが、訓練中に墜落事故で殉職されました。何とも運命的なモノを感じます。
CG全盛期にCGを使わず、航空機は全て実写という迫力、そのすごさが伝わってきます。
彼らの雰囲気は、実際の自衛隊の部隊の雰囲気そのままだと、自衛隊の方に聞きました。また、手塚監督が言っていた「助ける側にも家族がいる。」ということ。メディアはこのことをほとんど伝えません。この映画を観て、それを実感しました。
こんなことを書いている間にも、24時間待機している救難隊に、感謝です!