香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第225号

骨粗鬆症について7

224号からの続きです。

骨粗鬆症はなぜ起こるの?(骨粗鬆症の原因は?)

骨粗鬆症はインフルエンザのようにある決まったウイルスや決まった1つの原因で起こるのではなく、いくつかの要因が重なって起こる病気です。

要因としては
年齢の増加(歳を取ることですね)
骨の量、骨量は若い頃は年齢が増すにつれ増加し20歳~45歳ぐらいで最も多くなります。その後歳を取るにつれて減っていきます。骨の量は一生を通じてほぼ女性の方が男性よりも低くなります。特に閉経後は急激に骨量が減っていきます。

女性ホルモンが不足する
骨粗鬆症は閉経後の女性に多く発病する事がわかっています。ですので「エストロゲン」という女性ホルモンが少なくなると骨粗鬆症になりやすくなると考えられています。

遺伝・体質
もし、家族などの身近な人に骨粗鬆症になった人がいたら要注意です。骨粗鬆症は遺伝とか体質に関係がありますので、身内に骨粗鬆症になった人がいたら自分もなる可能性が高いのです。
また、体質でいえば、体重と骨量とは正比例の関係にありますので、一般的に体重が多い人ほど骨量は多くなります。
ただし、体重が重すぎるのでは生活習慣病にかかりやすくなります。反対に無理なダイエットで体重が少なすぎても骨量はもちろん、体の様々なバランスがくずれますので、その他の病気にかかりやすくなります。やはり適正体重の範囲内が一番いいかと思います。
適正体重の計算の方法はこちらを参考になさってください。

日本医師会の関連HP「健康の森」で、適正体重のチェックができます。

さまざまな栄養の不足
栄養素のなかで最も骨粗鬆症に関係が深いのが、もちろん骨の成分の1つであるカルシウムです。カルシウムが不足すると、骨量が減り骨粗鬆症になりやすくなります。
次がビタミンDです。なぜビタミンDが不足すると骨粗鬆症になりやすくなるのでしょうか?
それはビタミンDが腸の中でのカルシウムの吸収を助けてくれると考えられているからです。
カルシウムのみ取った食事とカルシウム+ビタミンDを取った食事では20倍!!も腸でのカルシウムの吸収率が高いといわれています。さらにビタミンDはカルシウムが骨にちゃんとくっつけるよう助ける働きもしています。
ビタミンDはサバやシャケなどの食品から取ってももちろんいいのですが、実は体の中でも作られるのです。
ただし、ビタミンDを作るためには、太陽の光が必要になります。つまり1日1時間ほどは外へ出て日光浴を行った方がいいということになります。1日中家にいるのではなく、できれば毎日数十分でも散歩など(これは骨を丈夫にするのにも役立ちます)をした方が骨粗鬆症の予防になるわけです。
最後はビタミンKです。ビタミンの中でもビタミンK2は骨の吸収をおさえる働きと、反対に骨をつくる事をうながす作用がありますので、ビタミンK2を多く含む食事をとると骨粗鬆症を防ぐ効果が期待できます。
ちなみにビタミンK2が多く含まれる食べ物には、納豆・チーズなどがあります。

その他
その他に、骨粗鬆症になりやすい原因として
1,運動不足
運動不足により骨量が低下することがわかっています。
2,アルコールの取りすぎ
3,たばこの吸いすぎ
4,コーヒーなどの中に含まれているカフェインの取りすぎ
などがあります。

例えば、毎日車や、エレベーター、エスカレーターばかりを使って、机で仕事をし、たばこを何十本と吸い、缶コーヒーばかりを飲んで帰りは飲み屋さんでかなり深酒して帰るという生活を続けていれば、骨粗鬆症になる確率はかなり高くなるということですね。
思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

高齢者の方がカルシウムを積極的に摂取すると骨折の危険性が低下します。
これはオーストラリアSydney大学のBenjaminMPTang氏らの報告によりますと、50歳以上約6万人の方にカルシウムを投与して骨折と骨量の影響を調べた結果、70歳以上の方では骨折になる危険性が、カルシウムをとらなかった方より、12%も少なくなったそうです。
また、カルシウム摂取期間が長いほど、80歳以上では特に危険性の低下が見られたそうです。
やはり日頃からのカルシウム摂取は大切だということが、最新の実験でも示されましたね。
家族などの身内に骨粗鬆症になった事がある人、又はなっている人がいる。
これは骨粗鬆症と遺伝子が大きく関わっているからです。

比較的小柄な人
小柄な人は体重が少ないため、骨量が少ないので骨粗鬆症になりやすいといえます。

特定の栄養素(カルシウム、ビタミンD・K)が不足している人
これもこれらの栄養素が不足していると、骨量が減りやすくなり骨粗鬆症になりやすくなります。

あまり運動しない人
人間は運動をしない状態になると、骨量が減ってしまいます。これは例えば、無重力空間に置かれる宇宙飛行士は地球にいるときと比べて骨量が減るというデータがでてきていることからも分かると思います。

ほどよい運動は、筋肉を動かし筋肉とつながっている骨に適度な刺激を与えています。その刺激により骨がつくられやすくなるのです。

通常より早く閉経を迎えた人
女性ホルモンの欠乏が骨量を減らしてしまうのは先ほど書きましたが、通常の閉経ではなく、ガンやそのほかの病気で卵巣を摘出し、通常より早く閉経をむかえた人は、早い時期から女性ホルモンの欠乏状態になりますので、骨粗鬆症になる可能性が高くなります。
もうこれで骨粗鬆症は大丈夫ですね。

第50回映画楽会

題目:丹下左膳
4月26日(木曜日)
午後1時00分上映
3階食堂

チャンバラヒーローの中で、最も容貌怪異な人物といえば、丹下左膳ですね。
髪の毛を大たぶさに結い、右眼の上には大きな刀傷があり、おまけに右腕がないという片眼片腕の怪剣士。ドクロの紋を染めた黒襟の付いた白地の着物で、下には派手な長襦袢を着込んでいます
私にとってチャンバラと言えばでまっさきに想い出されるのは、何故か大友柳太朗なんです。
大河内伝次郎の丹下左膳も記憶の片隅に残っているのですが、子ども心にはっきり印象づけられたのは大友柳太朗の丹下左膳なんです。
ラストの殺陣もスケールが大きく、大友柳太朗の立回りは、それはそれは迫力があります。
大勢の敵に対して、片眼のハンデをカバーするため首を小刻みに動かして間合いを測るところなんか、うれしくなります。
この映画の大友柳太朗の立回りには満足、満足。
見せるかが殺陣の工夫なんですね。
大河内伝次郎は戦後も丹下左膳を演じていますが、大河内以外の左膳には、月形龍之介、阪東妻三郎、水島道太郎、大友柳太朗、丹波哲郎、中村錦之助などなどがいます。
明朗豪傑タイプの丹下左膳を確立した大友柳太朗が最高だと私は思います。
ご一緒に楽しみましょう。