香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第202号

その痛み、坐骨神経痛では?

脚や腰が痛い! 坐骨神経痛の原因と症状をお話しします。
神経痛はいろいろありますが、もっとも多いのが坐骨神経痛。どんな神経痛なのでしょうか?
「腰が痛いな」と思っていたら、太ももの後ろ側からふくらはぎ、足に鋭い痛みが生じてきた――中高年以降、このような異変「坐骨神経痛」に見舞われる方が増えています。ところで、坐骨神経痛とは、一体どんなものなのでしょう。
坐骨神経は、下肢の筋肉を動かしたり、知覚情報を脳に伝える役割を担っています。腰椎から出た神経が何本か集まって骨盤の中を通り、太ももや膝の裏側まで伸びて膝から二つに分かれており、体の中でも最も長い神経です。
この坐骨神経の通り道で何らかのトラブルがあるために、坐骨神経が分布する領域で痛みやしびれなどが生じている状態が坐骨神経痛なのです。
痛みやしびれだけでなく、足の筋力が低下したり、まひを起こしたり、あるいは歩いている途中で歩きにくくなったり歩けなくなったり、しゃがんだり前かがみになったりすると歩けるようになる「間欠跛行」という歩行障害を伴う人もいます。
坐骨神経痛をもたらす病気はいろいろありますが、最も多いのは脊椎の骨の組織や神経に何らかのトラブルが生じる病気、わけても中高年によく見られるのが「腰部脊柱管狭窄症」です。

腰部脊柱管狭窄症とは、腰椎の老化によって神経の通り道である脊柱管が狭くなったため、神経が締めつけられてしまう病気です。前述の間欠跛行に加え、以下のような症状が現われます。
◆腰痛
腰部脊柱管狭窄症と診断された人の、半数以上が腰痛を訴えます。椎間板ヘルニアや腰痛症と違うのは、この病気による腰痛は、「動いたときに症状が強くなり、安静にしたとき痛みが軽くなる」ところです。
◆下肢痛
腰痛についで多い症状です。痛みよりしびれ感の方が強かったり、片方の脚の外側だけに痛みが出ることもあります。
◆脚のしびれ感
お尻から脚部にかけて、痛みだけでなく、しびれた感じが現われます。他に、冷感、灼熱感、ひきつれ感、締めつけ感などが起こります。また、足裏がジリジリする、足裏の皮膚が厚くなった気がする、などといった知覚異常も起こります。
◆患部の脱力感
約半数の患者さんが、脚部や腰部の脱力感を訴えます。脚に力が入らない、かかとが持ち上がらない、階段などでよくつまずく、スリッパがすぐ脱げる、などの症状が現われるのです。これらの症状は、動作をしているときだけでなく、午後や夕方に強まるのが特徴です。
◆その他の症状
重症になると、まひが進行して歩行時に尿や便をもらす失禁がみられることもあります。
年齢別の調査で見ると、腰部脊柱管狭窄症は30代より上の世代で増加します。50歳前後から急増し、女性の患者が男性の約2倍以上にのぼる、という報告もあります。
肥満との関係は明らかになっていませんが、肥満が腰に負担をかけることは確かです。太った人では、脚部の痛みを訴える人も多く見られます。

そのほか
腰や脚などに痛みが出て、歩くのが苦痛になる坐骨神経痛。その原因疾患の代表は、背骨にある神経の通り道の「脊柱管」が細くなる腰部脊柱管狭窄症です。しかし、腰椎の椎間板が変性してしまった「椎間板ヘルニア」や腰椎が"ちょうつがいがはずれた"状態になる「腰椎すべり症(腰椎分離症)」など他の病気が原因であることもあります。
原因疾患によって治療法や治療の進め方が異なるため、医療機関にかかった際は、まず医師は坐骨神経痛の原因をさぐる作業を行います。
診察では、まず問診。それから、視診ではウエストラインのゆがみなどをチェックしたり歩き方を見て調べます。その後、動脈に触れたり、関節や筋肉を押さえて痛む場所を探す触診を行います。
医師の問診では、目立つ症状を中心に、いくつかの項目が質問されます。痛みの種類や症状の現われ方は、患者の言葉を通じてしか、医師は知ることができません。診察を受ける前に、次のポイントを頭の中でまとめておくといいでしょう。
◆症状
:体のどの部分が痛むか。痛みの種類も、しびれるような痛み、鈍痛、刺すような痛みなど、性質をはっきり伝えられるようにしておきましょう。
◆痛む状況
:症状が起こるタイミング。歩いているとき、立ち上がった瞬間など、具体的に答えられるようにしておきましょう。
◆時期
:症状が出てからどれくらいになるか、急に異常が出てきた、あるいは徐々になど。
◆痛みや違和感以外の症状
:動悸、息切れ、排尿異常や下痢などの胃腸症状。その他、糖尿病、高脂血症、更年期障害など。
◆これまでかかったことのある病気
:高血圧、糖尿病、高脂血症、骨粗鬆症、更年期障害など、検診などの機会に医師から指摘されたものも伝えましょう。
問診などによる診察が終わったら、検査室で、画像による検査が実施されます。一般的に行われる画像検査は次の通りです。
◆単純X線検査
:椎骨や椎間板、椎間関節の形態などを調べます。脊椎の変形、変性すべり、分離すべり、脊柱彎曲、じん帯の骨化などの異常を観察します。また、骨折や腫瘍、骨の炎症などの発見もできるので、他の疾患との区別もつけられます。
◆脊髄造影検査
:単純X線検査ではとらえきれない脊椎周辺、特に神経の異変を調べます。造影剤を腰から注入し、病変部の陰影欠損などを撮影します。患者の姿勢を変化させ、造影剤を移動させて、脊柱管の中を通る神経の状態の変化を追っていくこともできます。
◆CT検査
:ご存知の方も多いでしょうが、体の横断画像(輪切りにしたような画像)を得る検査です。精度のいい機械では、椎間板や神経の状態を調べることも可能です。
◆MRI検査
:腰部脊柱管狭窄症の診断に最近、用いられることが多くなりました。苦痛もなく、椎体、椎間板、硬膜管と神経根、血管などの鮮明な画像が得られます。
◆その他の検査
:神経障害が起こっている部位の機能を調べるために、以下の検査が行われることもあります。電気生理学検査、サーモグラフィー、指尖脈波検査、神経根造影・ブロック等

腰部脊柱管狭窄症の主な原因は老化ですから、発症や再発を完全に防ぐことはできません。しかし治療によって症状を改善することはできます。主な治療方法には、薬物療法、神経ブロック療法、理学療法、装具療法、手術療法などがあります。
 
薬物療法では、症状を緩和し、神経の血流を増加させる薬剤を処方します。使用する薬剤は、消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、循環障害改善薬、ビタミンB12などです。
 
神経ブロックは、神経の痛む場所に局所麻酔薬を注入し、神経をまひさせて痛みをとる方法です。外来で行え、すぐに効果が出ることから、薬物療法や理学療法で効果が得られない場合に行われます。痛みが強いときや持続しているときに効果的です。
 
理学療法では、医師の指示を受けた理学療法士により、機能回復用の運動、電気刺激、温熱(または冷却)、光線、牽引やマッサージなど物理的方法によって、運動機能の回復を図ります。
 
装具療法は、腰椎などを安定させるために、コルセットを着用する療法です。さらに、手術療法は、前述の療法で効果が上がらず、日常生活に支障をきたしているようなとき、最終手段的に行われます。排尿や排便が困難になった場合や、脚の筋力の衰えから、歩行が難しくなったときなどに実施されます。
 
日ごろ、長時間のデスクワークなどから、腰痛を抱えている人も多いようです。仕事の合間には、血行をよくするために、ときどきストレッチを試みるといいですよ!
 
そして、腰痛以外に脚の痛みもあるようなら、坐骨神経痛の黄色信号です。