香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第179号

人間の体は水分60パーセント

成人では1日あたり2400mlの水分が出入りしています。内訳ですが飲み物1100ml、食べ物1000ml(食物中の水分) 後は代謝水(栄養素が体の中でエネルギーになる時に作られる水)300mlとなります。
出るほうですが不感蒸泄(身体から蒸発する水分)として800ml(呼気から300ml、皮膚から500ml)が失われ、尿として1500mlが失われます。そして便中に100mlが排泄され、合計2400mlの排泄となります。
例えば一日の飲水量が1000mになってしまったという場合、尿を減らしてそのバランスを取るようになります。これは単なる水分の出入りですが、体の中ではもっと多くの水分が動いています。
身体の中では大量の水分が腸を通して出入りしています。まず、腸へ流入する水分は2000ml(食べて1000ml 飲んで1000ml)、唾液1500ml、胃液2500ml、胆汁500ml、膵液1500ml、小腸からの分泌が1000mlで合計腸の中へは9000mlもの水分が分泌されています。それに対し小腸で7000ml、結腸で1900mlが吸収され、残りの100mlが便として排出されます。このように見える水分としては1日あたり2400mlでバランス取れているように見えますが、腸の中では9000mlの出入りがあります。下痢をした場合、ここの腸の中での水分バランスが崩れ、出ていく水分が増えます。

脱水とは、体から水がなくなるようなイメージがありますが、身体から体液が減少することです。ですから失われるのは水だけではなく、塩分と水分が両方減少するということです。成人の水分摂取量は体重60kgの方で、教科書により多少違いますが2400mlといわれています。(但し 夏場に発汗が多い場合、必要水分量は増えます)。
身体にある体液中には水分のみならず電解質が含まれています。マグネシウム、カリウム、ナトリウム、カルシウムなど多くの種類がありますが特に細胞外液にはナトリウムが多く含まれています。
ナトリウムが多く含まれている血液は体内を循環しています。脱水になった場合は水分とともに電解質も排出されてしまいます。身体はこの体液量を調整する機能がそれぞれ独立して働いています。

例えば汗を多量にかき、水だけを多量に飲んだ時は、身体の中の水分量が増えても体液が薄くなり黄色信号を身体は出します。量と濃度どちらを身体は優先するかといいますと身体は濃度を重要視するようになっています。体液の濃度などを一定に保とうとするように働くのです。ですから脱水の時に水を多量に飲んだ場合、 体液が薄まってしまい、身体は水を飲むのが辛くなります、体液の濃度が薄くなるからです。 身体が飲むなという指令をだします。しかし水分とイオンは足りないのでまだ脱水状態は続きます。
ですから脱水の時に水などを多量に飲むということより体液に近い飲み物を飲む方が身体にいいことになります。
一般の成人では体重の3%以上の脱水になると 自覚症状がでてきます。しかしスポーツ選手の場合は、体重の2%の脱水になると運動能力がおちると言われています。体重の3%を超える脱水になりますと頭痛がする。全身倦怠感、落ち着きがないなどの症状が出る場合があり、体を循環している血液量が少なくなるので心拍数は上がります。体重の9%を超える脱水状態では生命の危険があります。

飲み物のポイントは体から失った水分と塩分が含まれていること、それらの吸収を早めるブドウ糖が含まれていることです。ブドウ糖と電解質のバランスが良い場合に水分の吸収が早くなります。
電解質の量、またブドウ糖の量がどちらかの量が多すぎたり少なすぎたりすると水分の吸収が逆に悪くなります。
通常はこのようなことは気にかけず、バランスよい食事をとり、普通に水分をとっていれば良いわけです。
私は熱が出た時、運動する時に飲む点滴を作っています。

私の場合は、トマトが好きなので次の作り方をしています。
1,ミネラルウォーター700ml
2,無塩無糖(これが肝心です)のトマトジュース300ml
3,塩3g
4,上白糖40g
をよくかき混ぜて出来上がりです。
好きな果物の果汁にしてもいいですよ。
冷やすともっとおいしくなりますし、ナトリウム、カリウムも含まれてます。
700ml +300ml
ミネラルウォーター トマトジュース
+40g  +  3g よく混ぜる
上白糖         塩

MRIについてのお話①

MRI(磁気共鳴画像診断)とは、強い磁場中に体を置くことにより体の中を画像化する検査です。市販されているエレ○○ンのような磁気を体にあてます。(...残念ながらコリを治す力はありません...磁気の種類がちがうので)
そのため、体内に心臓ペースメーカーや脳内クリップなどを埋め込まれている方は検査ができません。また、外科手術をうけたことがある方や、妊娠されている方も検査が受けられないことがありますので注意が必要です。手術歴のある方は医師、看護師にお気軽に問い合わせください。

検査に際して特に準備することはありません。更衣室に検査衣を用意しておりますので、時計やメガネなどの金属類をはずして更衣をしていただくだけで検査が受けられます。

当院では、オープン型MRIを導入しております。比較的広々とした空間内で20分~40分かけて検査を行います。検査中、コンコンコン...やガガガガガなど音がしますが痛みをともなうことはありません。

検査を受けてみたいが、「検査と聞くと緊張してしまう...」、「オープン型といえども狭いところはちょっと...」や「長い時間が耐えられないかも」など不安な点があれば、何でもご相談ください。できる限り対応させていただきます。

MRIについてのお話②

MRI検査でどのようなことが分かるのでしょうか?
磁気を使って体の中を画像化することにより、レントゲンや超音波(エコー)などで観察しづらい脊髄や骨の内部、靭帯や腱などいわゆるスジ、関節周囲の組織、筋肉や脂肪、腫瘍組織、血管の形など、体の中のあらゆる部分が観察できます。また様々な撮影法により骨やスジの損傷の度合い、受傷からの時間経過、組織の内容(中身)を推定できるのです。

当院で検査する具体例として、まず首~腰にかけての脊椎があります。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症により脊髄や神経根が圧迫されている部分を画像にします。また椎体や椎弓(骨)の小さな変性や骨折を確認できます。脊髄腔の腫瘍を見つけることもあります。

次に、主な関節として膝を例にすると、加齢や骨粗鬆症、また何らかのケガによって骨はもとより、靭帯や半月板、周囲の軟部組織にいろいろな変性や損傷がおこります。複雑な形をした膝の骨折はレントゲンでわかりにくい時もあり、MRIで確認することもあります。靭帯・半月板の損傷度や、それにともなう出血を画像にあらわします。肩関節や股関節、様々な関節にも同じようなことが言えます。

MRI検査で体の中の状態を外から観察することができるのです。

第26回
吉峰病院映画楽会

続サラリーマン忠臣蔵 
6月19日(木曜日)
午後1時00分上映
3階食堂

有名な「忠臣蔵」の話を、現代のサラリーマンものに置き換えて作られた作品の後編。本作品は時代劇じゃないので、本懐を遂げたら全員切腹!にならないところがいい。仮名手本忠臣蔵のようにラブロマンスのパートもちゃんとあります。夏木陽介は団令子とかけおち結婚。有島の画策で、大手銀行の上杉頭取の御曹司と団が見合いをすることになり、二人が別れ話を切り出す喫茶店のBGMが「別れの曲」。そして将来を誓ったところで「結婚行進曲」に変わってムードを盛り上げるのがイイ感じ。こういうシンプルなところは時代を問わず好感がもてます。
やっぱり映画は単純なストーリーとハッピーエンドがなによりですよね。