香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第171号

肩こり教室です

肩こりとは簡単に言うと筋肉が緊張した状態の事です。生活する上で常に筋肉は動いています。常に体が動くことが望ましいですが、長時間同じ姿勢を保っていることが多々あります。その様な時に緊張した状態が続くと筋肉の血行が悪くなり、そして酸素や栄養が不足し、老廃物が蓄積されることで肩こりがおこります。
肩こりの症状を伴う疾患としては、頚椎の変形、姿勢、貧血、精神的ストレスなどがあります。
他に内臓に関する病気の可能性もありますので、治療をしたり、休息を取っても改善しない場合は、医者へご相談されるとよいと思います。近年、肩こりを専門とする病院が大都会には増えておりますが、今のところ「肩こり自体を病気である」との判断は難しいようです。「肩こりがひどいので仕事を休ませてください」なんて言えませんよね。
寒い時に体を丸めたり、手をこすったりします。このような行動は自律神経が熱を逃がさないように血管を収縮させている状態です。寒い状態が長く続くと血流が悪化していき、肩など各部に疲労物質が溜まります(肩こりの状態になります)。
人間は立って歩くために重い頭と両腕を肩で支えなくてはなりません。
人は起きている状態では肩の筋肉は常に緊張した状態となり、疲労物質が溜まってしまいます。血液がその疲労物質を流す役目なのですが、血行が悪いとそのまま留まってしまい肩コリとなります。自分の肩こりは、何が原因であるかをよく知ることが大事なのです。
目を酷使することは肩こりの悪化に繋がります。仕事やプライベート問わずパソコンを触るなど細かな作業を続けることにより首筋から肩にかけて血行が悪くなり筋肉がかたくなってきます。目が疲れると自然と目もとや鼻、こめかみを押したりしますが、目の周りを刺激するのがよいでしょう。また、蒸しタオルなどで暖めることも効果があります。
寝転がって本を読むこと。このようにリラックスした体勢で何かをする時は大抵悪い姿勢となります。背筋がまっすぐになることが望ましいのですが、片手で頭を支える。両肘で体を支える。足を組むこともよくありません。悪い姿勢を続けていると背骨に沿ってある傍脊柱筋に悪影響を与えることもあります。
頚椎のレントゲンを撮ったときにまっすぐな状態な人、そのような人も肩こりになりやすくなります。
私が長年肩こりなのは悪い姿勢が原因のようです。常に良い姿勢でいる事って難しいですよね。
ストレスは最も厄介です。姿勢が悪い事を正すことは容易ですが、(本当はこれが一番厄介なのですが)ストレスに関しては人間関係、環境問題など原因を取り除くことが困難なことが多く、数日間の旅行に行って解消する事ができればよいのですが、ほとんどの場合難しいことでしょう。
また、「まったく周りにストレスを感じることはない」と言われる方も仕事→残業→帰宅→就寝→出勤の繰り返しを数ヶ月繰り返しているということはないですか?大好きな仕事でもリフレッシュ休暇を入れることで体調を整えたり、日頃の緊張を解いて体の各部を休ませてあげることが大切となってきます。自分のストレスが溜まっていると感じる時に、正常な方向へ向けてリフレッシュしましょう。
肩こりの改善を考える前に自分の肩こりはどの要因からくるものなのか考えて見ましょう。多くは生活習慣からくるもので、近くのコンビニにちょっとしたものを買いに行く為に車に乗っていたり、寝ながら本を読んだり、TVを見るなど運動不足からくるコリと、仕事のしすぎが原因であると考えられる「職業病」などと言われるコリです。どちらも同じ姿勢を続けることが主な要因で、筋肉疲労から血行が悪くなります。
仕事に限らず2~3時間パソコンの画面を覗いているだけで十分に肩こりの原因となり得ます。
また、メガネを利用されている方の場合メガネの度数と実際の視力のズレが生じている際には、眼精疲労から肩こりとなることもあります。
メガネの購入から数年たっている方は、視力検査をしてみてください。数メートル前の文字を片目を押さえて読むだけで大体わかります。
肩掛けバッグをお持ちの方は、肩こりになりやすい傾向にあります。また、狭い靴、ハイヒールなど違和感のある状態を続けることで肩こりに繋がります。
私の場合は、フィッシングベスト(道具を入れるポケットが多くついているベスト)を着た時に必ず肩がコリます。不思議なことに、長袖シャツの袖丈が若干短い場合もなぜかコリます。
肥満が直接肩こりということではありませんが、背骨に重量が乗るため、悪い姿勢になりやすく、結果として肩こりを生じます。
また、肥満は血行が悪くなる傾向になったり、他の病気の原因になることがありますので注意が必要です。
過度の運動を行うと筋肉痛を伴うことがありますが、この緊張から肩こりになるケースもあります。「今日はなぜか肩が凝る」という方、数日中に普段やったことのない運動をやり過ぎていませんか?
運動後は、ストレッチで頻繁に使った筋肉を伸ばしておくことが大切になります。また、アミノ酸飲料を摂取することでも翌日の疲労度が違います。
肩のコリを感じてきた場合は、こまめにストレッチを行い、硬くなった筋肉をほぐしていきましょう。すでにガチガチでかなりコリがひどい場合でも、強すぎるストレッチは厳禁です。ゆっくりと気持ちがよいと感じる程度にしておくことが大事です。
仕事の合間にストレッチができる時間を作りましょう。考え事しながらでもストレッチはできます。血行が良くなってきますので、脳も活性化し、能率があがることでしょう。
暖かいお風呂に入ることで血液循環が良くなり、新陳代謝が活発になることから疲労物質が少なくなります。特に副交感神経に働くという40度前後のぬるめのお湯に浸かることで、体の芯からリラックスできます。お湯の温度は好みによりますが、熱いお湯に短時間入るより、ぬるめのお湯で長時間浸かるようにすることで、芯から温ることができます。のんびり気分を落ち着かせる時間と考えた方がよいと思います。
肩こりを解消する上で重要なのが寝る時間です。起きている時間は、仕事中でも遊んでいる時間でもいつでも重い頭を支えなくてはいけません。常に緊張が続いている状態となりますので、寝ている間は、緊張を解いて十分に休息させることができるのです。
首の骨はわずかにカーブしています。このカーブに沿った枕をなるべく使用し、まっすぐ立ったときと同様の姿勢で、高すぎず、低すぎず首の骨に負担が少ない枕を選ぶべきです。枕は好みの分かれる物ですが、「首を休める事に適した枕」と「よく眠れる(形、素材の)好きな枕」をうまくとりまとめて最適な枕をさがしましょう。
流行の低反発枕も高額な枕でも必ず熟睡できるということはありません。
沈みすぎることや就寝中に沈み込んだ部分が蒸れるなど、使ってみないと良さがわからない所が非常に厄介です。他人にはよい物でも、自分には合わない事がありますので、まずはバスタオルなどで高さや硬さを調節してみてください。
布団に関しては、一般的には低反発布団が熟睡できると宣伝されていますが、肩こりの方は、多少固めの方がいいと思います。私は、ベッドや厚めの布団では朝起きたときから肩が凝っています。腰も痛いときがありますので、背中と腰が沈みすぎているのでしょう。これは、腰痛持ちの方では常識で、床に布団が最も良いとされています。私も絨毯の上にタオルケット一枚で寝ると熟睡できたりします。多少かかとなどが痛いですが、すくなくとも背中、腰は硬い方が良いと感じます。敷き布団が柔らかいのでは?と感じた方は、背中から腰の部分にバスタオルやタオルケットで固めにして試してみてください。改善される場合は「敷き布団がやわらかいので肩がこる」ことになります。
多くの意見では、体重が重い方は、低反発などで沈み込むマットが快適だと感じ、体重が軽めの方は柔らかいと寝起き時に肩がこる、腰が痛いという方が多いような感じます。
いろいろ皆さんも試してみてください。そしてご意見をお知らせください。
お待たせいたしました。夢工房のご案内です。

第12回夢工房

遅ればせながら...。スッカリ秋模様となった今日この頃。
お風邪など召されてないですか?
   
今回の夢工房ではすぐそこまで、やってきている冬支度の一環として来年の干支『ねずみ』の正月飾りを作ります。完成した作品を飾りましょう?大勢のご参加をお待ちしております。

平成19年11月22日(木)
13:15~ リハビリ体操
13:30~ お正月の飾り
3F患者食堂にて