香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第157号

五十肩ついて

今や新聞やテレビによる医療情報は大変多くみられ、新聞の切抜きを診察中に見せて下さることもあります。昼間の、みのもんたの「おもいっきりテレビ」では時に出身大学の教授を見かけることさえあります。昨年の2月にNHKテレビの「ためしてガッテン」で『五十肩』をやっていました。司会の立川志の輔自身が五十肩の治療中であって熱が入った内容でした。その時にメモしたことを今回は取りあげてみました。

まず、質問コーナーで五十肩は
1.江戸時代には何と呼ばれていましたか?
2.英語では何と言っていますか?
3.ヘビには肩の骨があるのですか?    
との問いがありました。(答えは最後です)

次に全体的な話の構成としては、第1に五十肩は突然に起こること、第2は後遺症を起こすことがあること、第3は予防が大事であることの三部から進められました。

第1:誘引がハッキリしないで発生し、原因は老化現象と思える肩関節の炎症であることです。30~40歳から発病する場合もあり、誰でも何時なるか分かりません。

第2:病気の経過としては「急性期」の2週~2ヶ月間で激しい痛みがある時期、「慢性期」として動かすと痛い2~4ヶ月間があり、「回復期」として3~6ヶ月間の痛みがないが運動の制限がある時期です。この時期に誤った治療をすると肩が固まる後遺症、すなわち、関節液が固まり、癒着してしまうことがあります。そこで治療ですが、急性期は安静を保ち、まず冷やすことです。慢性期は温めて、痛くない範囲を出来るだけ動かし滑液を促し癒着を予防します。

第3:最後に予防ですが、これは回復期の運動にも使われてもよいでしょう。
その時におこなわれた『ひじまる体操』をご紹介します。まず片手で襟をつまみ、肘を上にあげます。そのとき、視線を肘に向けることを意識します。肘を中心にぐるぐると最初は小さく、だんだん大きく回します。回転は時計まわしと反対まわしの2種類あり、右肘・左肘・両方各5回を1セットとします。両肘の回転は居ながらにして水泳のクロールか背泳ぎと同じ運動となります。これで肩周りの血行を促進できます。TVでは各1分で計3分を推奨していました。
最後に、アナウンサーが「健康骨(肩甲骨)」、「御自由肩(五十肩)」と言ってまとめていました。
<答え:1.長寿病 2.frozenshoulder(凍った肩) 3.ない>

健康をまもる五つの検査

1.TSH(下垂体刺激ホルモン)
下垂体のTSHの産生細胞は甲状腺ホルモン濃度が正常かどうかを感知するセンサーです。甲状腺ホルモン(FT4,FT3)値が、その個人にとって不足していればTSHは上昇するし、過剰であれば低下する。米国では35歳以上の男女は5年ごとに測定する必要があるとしています。

2.PSA(前立腺特異抗体)
天皇陛下が前立腺がんにて手術をされました。米国では男性の癌で最も多いものであり、日本でも急増中の疾患です。正常値は4ng/ml以下で、4~10がグレーゾーンで10以上の値では半数以上に癌が認められます。男性で55歳過ぎたら1回/年、65歳以上は1回/半年の検査が必要です。

3.HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)
HbA1cは赤血球中のHb(ヘモグロビン)にブドウ糖が結合したもの(グリコヘモグロビン)ですから、赤血球の寿命が120日間であることより、1~1.5ヶ月の平均血糖値が把握されます。ですから、検査の数日前だけ食事療法を一生懸命やっても、HbA1c値ではごまかしが利きません。糖尿病への第一目標は6.5%以下です。HbA1cが1%下がると(例:10%→9%)合併症の一つである網膜症の危険率が40%以上減ると報告されています。

4.γ-GTP(ガンマ・グルタミル・トランスペプチターゼ)
肝臓は「沈黙の臓器」といわれるほど異常が外に現れにくい臓器です。そのため、自覚症状がないまま、検査で肝臓病が発見されることが多くなっています。γ-GTPは胆管系酵素の中で最も上流の状態を反映するものです。肝細胞が腫脹して細胆管が圧迫される、アルコール性障害や薬剤性障害、脂肪肝などに敏感に高くなります。正常値は男性で50国際単位(IU)以下、女性で32国際単位以下です。100以下であれば、節酒あるいは禁酒することですぐに正常値にもどります。

5.BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)
BNPは血液で心疾患を検査できる数少ないものです。この物質は殆どが心室にて合成、分泌されます。そこで心肥大など心室負荷の状況を反映し、その増加は臨床的な心機能分類ともよく相関されます。基準は18.4pg/mlとなっていますが、少なくとも200pg/ml以下になるように治療する方が予後がよいと言われています。

変更のお知らせ
新しく村岡先生が赴任されました。
その為、診察日が変更になりました。


火曜日
9時~12時

金曜日
9時~12時
14時~17時


ご了承ください。
どんなことでも相談にのってくれますので、なんなりとご相談ください。女医先生ですので、本当に優しいですよ。

思い出の映画

1963年に製作された、大映の映画。それは「末は博士か大臣か」この映画の主人公はわが町の先輩、菊池寛と綾部健太郎、彼等の友情を描いたすばらしい作品です。主演は今は亡きフランキー堺、顔、体型が本当にそっくりなのです。いま、私は菊池寛についてもう一度、勉強しようと思っています。先日、古いアルバムを整理しました。その時に見た写真が今回の映画を思い出させたのです。
父の古い写真(名誉院長、大先生)それも白黒、眼鏡をかけた表情を見た時、菊池寛を思い出したのです。そして、小学生の時に「恩讐の彼方に」を読んで感動した事が走馬灯のように思い出しました。
「父帰る」「藤十郎の恋」などの戯曲、「恩讐の彼方に」などの短編を一度は読んだことがあるという人ならたくさんいるでしょう。彼が「文芸春秋社」の創業者、「芥川賞」「直木賞」の創設者であることを知ってる人は以外と少ないのです。彼が、大正・昭和を通して、「ジャーナリズム」と「映画」という新しいメディアの創出に大きく関わった事実を、多くの人々は知らないのです。今はない大映の初代社長なのです。
「文藝春秋」創刊の時に語った言葉が新しい時代を創るきっかけになったのです。私は頼まれて物を云うことに飽いた。自分で、考えていることを、読者や編集者に気兼なしに、自由な心持で云って見たい。友人にも私と同感の人々が多いだろう。又、私が知っている若い人達には、物が云いたくて、ウズゝしている人が多い。一には、自分のため、一には他のため、この小雑誌を出すことにした。
良き時代明治の末期、高松中学の五年生、菊池寛と綾部健太郎は、学問では菊池が出来、将棋は綾部が一枚上、腕白ぶりは甲乙なしという親友である。小説家志望の菊池は高校、大学と進みたかったが、家の貧乏がそれを許さず、やむなく高師へ入る、綾部は五高に入学、互に奮闘を誓って別れた。上京した菊池は高師を退学して一高に入学。ここで彼は芥川竜之助、久米正雄らを識り、彼らと共に夏目漱石を訪れた菊池の心には文学への情熱が更に湧き上ってくるのだった。図書館へ行く電車賃にさえ不自由しながらも、菊池は猛烈に勉強する。ある日友人青木から頼まれて質入れした本が、学校の図書館から盗んだものであることから菊池に疑いがかかる。教育者の息子としての青木の立場を考えた菊池は退学を決意した。大学卒業後菊池は上京して新聞記者となり、妻包子を迎えた無名作家として、辛酸をなめながらも菊池は創作に没頭した。この後は映画を観ていただかないと・・・近いうちの映画楽会で上映したいと思っています。今の時代には無い友情の物語なのです。