香川県高松市での整形外科・内科・健康診断・予防接種は吉峰病院へ。

English

コスモス新聞

コスモス新聞 病院からのお知らせ、ちょっとしたエピソード、医療に関するお話、患者様よりお寄せ頂いたメッセージ、思い出の映画など情報満載です。

コスモス新聞第127号

こんな時どうしますか

どんなに注意していてもケガはいつ、どこで起こるか分かりません。ケガをした時は受診しなければいけませんが、ケガをした後のはれや痛みに対して応急処置をする必要があります。応急処置をした場合としない場合では、その後の回復に大きな差がでます。ケガを最小限に押さえるために、応急処置の方法を身につけておきましょう。
応急処置の基本はRICEいわれ、安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、高挙(Elevation)の4つの処置のことで、その頭文字をとった名称です。「安静」は傷害部位を悪化させないために、けがをした部位の使用をすぐやめ、場合によっては身体全体を休めることです。「冷却」は痛みを軽減させ、血管を収縮させて出血を少なくします。「圧迫」は出血を抑え、血液やリンパ液が流れ込んで腫れるのを防ぎます。また「高挙」は患部を心臓より高い位置に上げることにより、重力の作用で出血や腫れを少なくします。これらの処置は受傷部位の痛みを和らげ、内出血や腫れを最小限に抑える事ができます。
■すり傷
ケガした場合、傷口に土や砂が入っていることが多いので、水道水などで洗い流し、患部を清潔にします。水を流しながらガーゼなどを使ってなるべく汚れを落とします。流水で十分に洗ったら、清潔なガーゼ(ガーゼがなければハンカチ、タオルなど)を患部に当てて軽く圧迫します。ティッシュペーパーなどは、傷にくっついてはがれにくくなるので使わないでください。ガーゼなどで患部を圧迫しながらできるだけ早く医療機関へ行くようにしてください。
■こむらがえり
こむらがえりは、ふくらはぎの筋肉がけいれんすることで急に起こります。筋肉がつって痛みが伴い、動かせなくなります。長時間走ったり、泳いだり、また寝ているときにも起こります。原因としては、急な体温の変化、筋肉の疲労、ウォームアップ不足などが考えられます。応急手当としてはまずけいれんした足を伸ばし、足の先をつかみます。息を吐きながら足首を曲げてすねに引き寄せ、限界まで曲げたら30秒間維持します。次に、手の平でふくらはぎを押したりさすったりしながら丁寧にマッサージします。また、土踏まずを押しても効果があります。
■肉離れ
肉離れは筋肉を覆っている筋膜が伸ばされたり、切れたり、引き裂かれたりするものです。これは、筋肉を大きな力で収縮させたことが原因で、最も弱い部分に損傷が起こり、痛みを感じます。肉離れを起こした部位は、腫れがみられます。大腿部の裏側に起こることが多く、次いで大腿前面などが起こりやすい部位です。大腿部の肉離れが疑われる場合は寝かせてリラックスさせ、大腿部を圧迫している衣服などはとります。肉離れは内出血が生じ、はれてくるので、RICE処理を行います。痛みの強い部分にアイスパックなどを当て、その上から包帯を巻いて固定し、足を高く保ちます。RICE処置を1~2日間行いましょう。
■突き指
突き指は、指先にボールなどが強く当たったり、転んで突いたりしたときに起こります。指先に無理な力が加わったために、腱が傷ついたり切れたり、ひどい場合は腱が付着している骨の一部がはがれて骨折したりします。よく突き指をした後にすぐ指を引っ張ろうとしますが、かえって損傷がひどくなるので絶対に行ってはいけません。応急手当は、できるだけ患部を冷やします。副木を当てたりまたは隣の指を副木代わりにして包帯を巻き固定します。
■捻挫
関節に急に無理な力が加わって正常な範囲を越えて伸ばされると、関節を支持している靭帯が伸ばされたり、損傷したりします。これが捻挫で、足首などによく起こります。捻挫は靭帯が切れて関節の機能障害を残すことが多いので、軽く考えないで必ず正しい治療を行いましょう。応急手当としてはRICE処置を行います。まず包帯などで動かないように固定してください。はれを防ぐために患部を心臓より高く上げ、氷のうやアイスパックを当てて15分前後冷やします。休みを入れながら何回か冷やしましょう。決して患部をマッサージしたりもんだりしないよう注意してください。
■運動中呼吸が苦しくなったら
今まであまり体を動かしたことがない人が運動をしたときに、始めてから呼吸が苦しくなり、続けられなくなることがあります。これは酸素の供給が間に合わず、酸素不足になった結果起こる現象です。もし運動を始めて5分以内に苦しくなるのであれば、それは運動が強すぎるからです。その場合は、運動を中止して休み、楽になったらさらに軽い運動から始めましょう。運動を軽くすると徐々に酸素の供給がスムーズに行われるようになり、運動を続けられるようになります。初めの5分間をあまり苦痛を感じずにできた場合は、そのペースを保ち、慣れてきたら徐々に強度を上げていきましょう。
■運動中お腹が痛くなったら
走っているときによく起こる横っ腹の痛みは、腸の中にガスがたまったため起こるものだといわれています。その時は走るのをいったん中止します。痛いからといって急に止まると心臓に負担をかけてしまうので、すぐには立ち止まらずに歩行に切り替えてしばらく様子をみます。そうすると自然に痛みはなくなります。痛みがなくなったら再び走っても問題はありません。徐々にスピードを上げて元のペースに戻していきましょう。よく腹痛を起こす人は、普段から消化しやすいものを食べて胃腸の調子を整え、毎朝便通がよくなるように心がけましょう。また炭酸飲料をなるべく控えるなどの注意も必要です。今回は患者様からの質問を取り上げてみました。なんなりとご質問ください。お待ちしています。

思い出の映画  幸福の黄色いハンカチ

北海道・旭川でイラク派遣自衛官の無事を祈る『黄色いハンカチ運動』が広がっています。山田洋次監督の『幸福の黄色いハンカチ』がヒントだと言われています。派遣の是非はともかく派遣された自衛隊員の無事を祈ることに共感します。そしてそのシンボルに選ばれたのが『黄色』のハンカチです。
山田洋次監督はこの作品で第一回日本アカデミー賞、最優秀作品賞を受賞しました。刑期を終えた中年男が、行きずりの若いカップルと共に妻のもとへ向かう姿を描いた"健さん"主演の人間味あふれた作品です。北海道でドライブする武田鉄矢は、桃井かおりと知り合い、ふたりで旅を続けます。ある時、ひょんなことから出所したばかりの中年男、高倉健と出会い、旅をともにすることになります。やがて、ふたりは彼から『自分を待っていてくれるなら、家の前に黄色いハンカチを下げおいてくれ』と妻と約束したことを打ち明けられる......。あまりにも有名なラストは涙せずにはいられない感動のシーンです。『なんで俺はこんなやくざな性分に生まれついちまったのかなあ』と、高倉健が涙ながら言うこのセリフは、ラストシーン以上に胸を打たれます。それは罪を犯した人間の懺悔の念でもあり、また自我の重さに堪えきれなくなった男の煩悩でもあるように思います。
それにしても山田監督の役者使いの巧さには本当に感心させられます。寅さんの渥美清、さくらの倍賞千恵子、リリィの浅岡ルリ子等を見ても分かりますが、どんなセリフを語らせればその役者を生かせるかを直観的に探り当て、役者の中に秘められた世に認知された個性とはまた別の個性を見抜くことができる鋭い洞察力を持った人だと思います。この作品をご覧になった人には考えてみてほしいと思います。もし主人公を高倉健ではなく、別の俳優が演じていたらどのような作品になったでしょうかを。これほどまでに意味深く、リアルで、そして自然なコミカルさを兼ね備えた作品はありません。私自身は邦画の筆頭にこの作品を挙げます。彼の寅さんシリーズ、学校シリーズ、釣りバカシリーズ、息子、同胞、故郷なども素晴らしい作品ですが、私はこの映画『幸福の黄色いハンカチ』に日本人の本当にあるべき人情の深さ、美しさを胸に抱き、もう100回以上観ました。
付け加えますが、山田洋次監督ではないのですが、よくコンビを組んでいる朝間義隆監督による「俺達の交響楽」・・これもすばらしい!
日本人にこんなにも素直な思いやりがあったのかとこの2作品でホッとすることができます。人間とその愛のけなげさを描き続けてきた同監督の映画『たそがれ清兵衛』も新たな注目を集め、今年度アカデミー賞の外国映画賞にノミネートされています。受賞できるよう応援しましょう。